建物の保証

住宅の保証(長期保証)

住宅の引き渡しも終わり、さて待ちに待った新居での生活、

そして約1年後、新しい家にもだいぶ慣れてきた矢先、なんと雨漏りが!!

そういえば、新築住宅の保証ってどうなってるの???

現在は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)により、

全ての新築住宅の取得契約(請負/売買)において、基本構造部分

(基礎・柱・床・屋根等)と雨水の侵入を防止する部分について、

10年間の瑕疵担保責任(長期保証)が義務付けられております。

住宅の保証(短期保証)

住宅の構造上主要な部分については、10年保証となり、設備機器や付帯工事については短期保証基準が適用されます。

短期保証は上記の構造上の重要な部分以外の設備機器や、土工事、コンクリート工事、木工事、ボード・クロス・外壁サイディング工事、サッシ・建具工事、左官タイル工事、組積工事、塗装工事、屋根工事、電気工事、防水工事、防虫処理工事、金物工事、汚水処理工事、給水・給湯・温水暖房工事、排水工事、断熱・防露工事、ガス工事、雑工事の数十種類に及ぶ工事が対象となります。

保証機関は工事内容により異なり、1~2年間の間となります。

アフターサービス(定期点検)

当社では引き渡し日より2年間の間に、3回(6ヵ月・1年・2年)

お客様のご自宅にお伺いさせて頂き、定期点検(無償)を行います。

住宅瑕疵担保責任保険(まもりすまい保険)

保証制度についてはわかったけど、例えば5年後に雨漏りが発生して、

その時保証している不動産会社(建築会社)が倒産していたら、

泣き寝入りで自分でお金を払って直すしかないのでしょうか???

平成21年10月1日以降に引き渡される新築住宅は「住宅瑕疵担保履行法」

に基づき、保護されます。

仮に、不動産会社(建築会社)が倒産していて、瑕疵の補修にかかった費用が

不動産会社(建築会社)に請求が出来ない場合、この補修などに掛かった費用

(保険金)を保証機関(当社では財団法人住宅保証機構)に直接請求する事が

出来ます。

地盤の保証 暮らしを守る『盾』となる地盤サポートシステム

スマートハウジングで販売している新築住宅は、全ての物件におきまして

地盤調査を行い、 調査結果に基づき、必要な地盤改良工事、保証を行っております。

 

LiXiLグループ、ジャパンホームシールド㈱による、十分な地盤調査、

解析、地盤改良工事(調査結果により必要有無の判断をします)を行い、

建物の引き渡し日より20年間、地盤の品質を保証します。

又、仮に引き渡し後に地盤に不動沈下が発生した場合には、最大5,000万円

を限度として損害を補償します。

2次保険の加入もあり、保証会社が倒産した場合でも保証が効くのも大きな

メリットと言えます。

 

LixiLグループ ジャパンホームシールド㈱のホームページはこちらをクリック

http://www.j-shield.co.jp/index.htm